脊柱管狭窄症

症状:脊柱管狭窄症

 このような症状で、お悩みではありませんか?

 

 

☑  腰や足が痛くて辛い

☑  下半身に力が入りにくい

☑  足に痺れがあり、長い距離が歩けない

☑ 歩くと痺れ、また少し休むと歩ける

☑  足の裏の感覚がおかしい

 

 

・脊柱管狭窄症とは??

 

 脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある脊柱管と呼ばれる神経の通り道が、変性(加齢による変形)して狭くなる病態の事をいいます。

具体的には、腰椎の椎間板が膨れて隆起したり、靭帯がたわんで厚みを増したり、腰椎すべり症で椎骨がずれた結果、脊柱管が狭まって中を通る神経が圧迫される病態を脊柱管狭窄症と言います。

 

脊柱管の中には、中枢神経の束である脊髄のほか、その末端部分にあたる馬尾や、脊髄から枝分かれした神経根も通っています。そのため、脊柱管狭窄症では神経のどこが圧迫されているかによって現れる症状も違ってきます。

 

 

 

 特徴的な症状は、「間欠性跛行」と呼ばれる歩行障害です。

 

これは少し歩いてしばらくすると腰から足にかけて痛みや痺れが起こり歩けなくなるものの、歩くのをやめて少し休めば再び歩けるようになる症状です。

 

 

その他、腰痛・坐骨神経痛・下半身の脱力感・締め付け感・冷感・排尿や排便障害・肛門周囲の感覚麻痺などが現れるケースもあります。

脊柱管狭窄症は、複数の原因や症状を併せ持つ症候群というべき状態です。

 

 

 

この脊柱管狭窄症に対して、病院で行う一般的な治療法は、

  • 物理療法
  • 理学療法
  • ブロック注射
  • 手術 などが行われています。

 

 

・脊柱管狭窄症の原因

 

❶    椎間板の変性

❷    椎体の変形

❸    椎間関節の変性

❹    靭帯の肥厚

❺    椎体がずれた「腰椎すべり症」

❻     腰椎が曲がった「変性側弯症」

 

 

脊柱管狭窄症の症状

  • 足や腰の痛みや痺れ
  • 間欠性跛行と呼ばれる歩行障害
  • 下半身の脱力感・締め付け感・冷感
  • 排尿・排便障害
  • 肛門周辺の感覚麻痺

 

 

 

・リタ箱崎での治療について

 

 まずは「問診」で、症状の経過や既往歴(これまでの負ったお怪我や病歴)・生活習慣についてお伺いします。

症状の発生の原因や、それらに関わる要因についても一緒に考えていきます。

 

 

「身体のバランス検査」で、姿勢をチェック。

身体の状態(筋肉・関節の柔軟性や歪みなど)を確認します。

   

 

「施術」は、身体の土台・軸を整えるアプローチをベースに行います。

全身の調整から行うことによって、自律神経のバランスが整い、血液循環や、自然治癒力が高まる事で、体が治ろうとする力を引き出します。

   

 

 この症状には、このテクニック!

というような、患者様の症状にテクニックを当てはめるような施術は行っておりません。

 

一刻も早く、症状が良くなるように、また良くなった後も再発を自身で防げるように、ご自宅などでも出来る簡単且つ効果的なセルフケアの指導も合わせて行います。

*セルフケア等は、一度の施術で全てお伝えするのではなく、症状の回復段階に応じて行います。

 

 

 

治療の詳細は、個人の症状や状態によって異なります。

今後の見通しや、適切な通院頻度などにつきましては、ご来院の際にお伝えいたします。

お気軽にご相談ください。

あなたの体が良くなる様に、精一杯のサポートをさせて頂きます。 

ご自身の体が良くなることに、期待をしてください!!

 

 

リタ箱崎【鍼灸・マッサージ・整骨院・整体院】

院長 吉村大樹(柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師)