【症状の経過】〜顔面神経麻痺の患者さま

2018.05.29

写真

顔面神経麻痺患者さまの経過

 

【患者さま:O様  三十代、 男性】

 

4月15日 起床時に顔面神経麻痺発症に気がつく
翌日、病院を受診
顔面神経麻痺(ベル麻痺)と診断、ブロック注射の治療を受ける。

薬の治療だけでなく、他の治療方法を探していたら当院のホームページを見つけ、他の顔面神経麻痺の患者様の体験談をご覧になり「鍼やマッサージで治るなら」と思ったのが、きっかけで発症から1週間後の4月22日当院を受診。

当院では、発症に至った経緯や、生活習慣、仕事(転勤直後)、環境の変化やストレスなど様々な所も問診でお尋ねしました。
発症に至る要因や、改善する必要がある生活習慣などもアドバイを行いました。

 

《患者さまが困っていた事》
・見た目の変化が気になる
・食事がしにくい
・笑いにくい
・シャワーの水が目に入る(閉眼時にしっかり右目が瞑れない)

 

《当院での施術日》

初診日:4/22
2回目:4/28    施術開始から1週間、特に大きな変化は見られず。
3回目:5/9      日を追うごとに回復している事を実感される。
4回目:5/16     7割程回復(自覚として)
5回目:5/24     8〜9割回復(自覚として)

〜週一回のペースで、全身の調整を行いながら、顔面部への鍼・マッサージ治療を行いました。

 

《施術前・後の変化》

撮影日 左側:4/22   右側: 5/24

       【安静時 】                                                         【微笑】

      【口すぼめ】              【閉眼】

*写真は、患者さまの了承を得て掲載させて頂いています。

 

 

 

 

《施術を終えて》

 

約1ヶ月、計5回の施術で、患者さまもおっしゃられる様に8〜9割は回復したと状態になりました。

今回の顔面神経麻痺に限らず、どんな症状にも発症する「原因」や「要因」があります。症状を発症させる起因となる様な習慣なら、まずはそれらを改める必要があります。もし体に負担がかかる習慣があるなら改め、治癒力を高めていくことが、どんな症状でも治療のベースとなるものだと思っています。

 

鍼治療や整体・マッサージは、直接身体を治す様な医療行為ではありませんが、患者さまの自然治癒力を引き出す治療法です。

 

 

 

 

 

リタ箱崎【鍼灸・マッサージ・整骨院】 院長 吉村大樹