通院頻度について〜【メンテナンス期】

2018.06.15

写真

通院頻度について〜【メンテナンス期】

 

東洋医学では、「未病」という言葉があります。

これは、レントゲンや血液検査では見つからない体の不調のことを指します。

 

「病気ではないが、健康ではない状態です」

 

具体的には、

・疲れやすい

・疲れが取れない

・体がだるい

・よく眠れない

・肩こりがひどい

・体が硬くなった

・動かしにくい

・胃腸の調子が悪い(便秘・軟便)

・体の冷え

などがあります。

 

また、「鍼灸や整体」といった東洋医学では、

これら「未病」を病気になる前段階で対処する「未病治」という概念もあります。

 

一般的には、病院は体に不調がなければ行きませんし、

整体や鍼灸といった施術所は、症状が出たときに通い、

症状が改善されれば行かなくて良いと認識されている方が多くいらっしゃいます。

 

決して間違えではありませんが、

人間の身体も機械と同じ消耗品ですので、やはり普段使っている以上は、

手入れをしておくと良い状態を維持できますし、当然長く使えます。

 

例えば、

自動車の車検があるのも、異常が起きそうな箇所を事前に見つけることによって、日々の運転を安全に行うことができます。

また、マラソン選手は、脱水症状を起こさないようにレース中、喉が乾く前に水分補給を行っています。それによって、最後まで走り抜くことができるのです。

 

問題を解決することも大切ですが、問題を事前に防ぐことも重要です!

 

そこで必要なのが、

「未病治」=「体のメンテナンス」 

なのです。

 

 

 

当院では、体のメンテナンス期の来院目安を

「1ヶ月に1回〜2回」

でお勧めしています!【*ハードワークをしている方と、そうでない方といった個人差はあります】

 

そこで、来院時には、メンテナンスに必要な施術と、

必要なセルフケアの指導・正しい体の使い方・姿勢の指導を同時に行っています。

 

施術は、

身体に安定感」可動性(柔軟性)」を高めることを目的に行うことで、

身体に「しなやかさ」と「若さ」を保つことができます。

 

セルフケアや、体の正しい使い方・姿勢を覚えることが、自身の健康へと繋がります。

 

  健康の本当の価値は、与えられるものではなく、

     自ら高め、守っていくものだと思っています。

 

 

・大きな不調はないが、健康状態を高めてたい!

・毎日を健やかに過ごしたいとお考えの方は、ぜひ当院へお任せください!!

 

 

リタ箱崎【鍼灸マッサージ整骨院・整体院】 院長 吉村大樹