当院が「健康保険」を使って治療しない理由

2018.09.04

写真

「治療で健康保険は使えますか?」

 

時々、初めていらっしゃる患者様から、このような質問がありますので、こちらで書いておきたいと思います。

 

私自身20代の頃「柔道整復師(整骨院を業とする国家資格)という資格を取得した為、

本来であれば保険を取り扱う事は出来るのですが、リタ箱崎では健康保険を使用した施術は行っておりません。

 

 

理由として、大きく分けて次の2つあります。

 

①本来、整骨院に来院される症状の多くは「健康保険適用では無い」場合が多い

 

私が住んでいる福岡市の健康保険課から届くハガキを例に出します。

お読みください。

 

このようにあります。

 

整骨院(柔道整復師)の保険適用範囲が、

  • 「打撲」・・・ぶつけた
  • 「捻挫」・・・捻った
  • 「挫傷」・・・肉離れなど
  • 「骨折・脱臼(要医師の同意)」のみとなっており、

 

一般的に、整骨院に来院される方の症状として多い

  • 日常生活による疲れ・肩こり
  • 疲労回復、健康増進目的
  • 脳疾患後遺症等の慢性病
  • 神経痛(リウマチ・慢性関節炎)
  • 加齢による腰痛や五十肩の痛みなどは、

整骨院(柔道整復師)の保険適用外となっています。

 

 

以前までの整骨院では、「なんでも・どんな症状」でも保険を使った治療をしている所が多かったですが、(勿論、不正請求です)ここ数年、行政からの指導や・健康保険組合からの患者さんへの照会が厳しく行われています。

健康保険を使う側(患者さん)も、それを引き受ける側(整骨院)も責任が生じます。

 

 

正しい知識を持ち、適切に健康保険を活用することはとても小さなことですが、この国の医療費の財源を守るための第一歩となります。

 

② 単に症状の改善だけでなく、身体に関する正しい知識をお伝えしたい

 

 

 

私は以前、保険治療を中心とした整骨院にも務めていたことがありますが、

そこでは沢山のベットがあって「ベルトコンベアー式に患者さんに電気治療をして、その後に少し揉んでといった流れ作業を只々単調に繰り返す」殆どの患者さん対して同じようなことをやっているそんな感じでした。

もちろんそれほど症状の改善は見込めません。

保険証をクーポン券の様に使い、リラクゼーション感覚で来られている患者さんもいたり、

身体の変化が無いけど「安いからしょうがないか」と諦めモードの患者さんもいらっしゃいました。

それをここで良い悪いと言うつもりはありません。

 

 

保険治療の場合、原則として損傷部位(患部)のみが治療の対象となる為、応急処置的な治療しかできません。

当然、急性期の怪我などには応急的な治療は必要です。

しかし、怪我以外の多くの症状(痛みや痺れなど)は、痛む場所に直接の原因がない場合が多く

症状の改善の為には、原因となる離れた場所の治療も当然必要になっていきます。

どんな事でも、保険適用にしようとするのは無理があります。

また、慢性化してしまった症状に対しては、身体の使い方を根本(姿勢・重心・体の使い方・生活習慣・食生活など)から変えていかないと症状は治りにくく、治ってもまた再発を繰り返しやすくなります。

 

 

 

「健康」というものは、決して人から与えられるものではありません。

健康を取り戻す為・身体を良くしていく為には、身体に関する正しい知識を持ち、自身が身体の使い方や環境を変えていく必要もあります。

自分の身体を悪くするのも良くしていけるのも最終的には、自分(あなた)だけなのです。

当院は、そのお手伝いをしているだけです。

 

 

 

以上の2つの理由から、リタ箱崎では健康保険を使わず治療院の運営を行っております。

当院では、「姿勢改善・根本改善・再発防止」を目的とした施術を提供するため、自由診療を行っております。

 

ここに書いた事が、本当の健康を望む人に伝われば良いなと思います。

 

リタ箱崎【鍼灸・マッサージ・整骨院・整体院】  院長  吉村大樹